SP忠男 | オートバイ・バイク・二輪車 オリジナルマフラー公式オンラインストア

SP忠男ダイレクトストア|HOME SP忠男公式ダイレクトストア|忠男のマフラーとは? SP忠男公式ダイレクトストア|インプレッション SP忠男公式ダイレクトストア|よくある質問 SP忠男公式ダイレクトストア|体験試乗会 SP忠男公式ダイレクトストア SP忠男公式ダイレクトストア|直販特典 SP忠男公式ダイレクトストア|お問合せ  
マフラーカテゴリー
ヤマハマフラー
ホンダマフラー
スズキマフラー
カワサキマフラー
外車輸入車オリジナルマフラー




ただいま開発中!
SV650ABS 2016/12/16〜
■2017 CBR250RR 2017/1/6〜
■SEROW250 Carbon 206/12/12〜
■GIXXER150sf 2016/12/12〜

人気ランキング

MT-07 (EBL-RM07J)
POWER BOX FULL HP

2位
セロー250(JBK-DG17J)
POWER BOXマフラー
ステンレス


3位
NMAX(EBJ-SE86J)
POWER BOX FULL "S"
ステンレス


4位
14〜PCX125(EBJ-JF56)
PURE SPORT “SILENT VERSION” 
ゴールドエンブレム


5位
YZF-R25(JBK-RG10J)
POWER BOX マフラー


マフラーお手入れグッズ
マフラーのお手入れ
ホロクリン・ジェル SP
Hole-Zero SP
SP忠男直営ストア特典
全国どこでも出張取付!
試乗体験実施中!
かんたん決済
クレジットカード対応!

10,000円以上のお買上げで送料無料
ログイン

会員ID

Password



2017- CBR250RR|POWER BOX Titan&Carbon ※国内仕様(2BK-MC51)/インドネシアモデル(MC41)共通適合  ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。


2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon

高速域のパアーアップはあたりまえ

2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon

ワインディングを駆け抜ける7000rpmからの高揚感 は思わず笑顔にしてくれる 

2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon

ロングツーリングを楽しくさせる4000~6000rpmのトルクは

心に豊かさを生み出してくれる

2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon

クラッチミート直後からトップエンドまで独自の思想で組み上げた 

2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon

病みつきになる 最高に気持ちイー! 走行フィーリング

2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon

すべてが,このメインパイプとboxの絶妙なバランスから生まれた
 

2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon

カーボンシェルとフルチタンインナーが紡ぎ出すレーシーなサウンド

2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon

2017CBR250RRオーナーのあなたをハッピーにするために生まれてきた




2017 CBR250RR POWERBOX Titan&Carbon


 

適合車種  2017 CBR250RR(2BK-MC51/MC41)
製品    POWER BOX Titan&Carbon
価格    ¥89,800(税抜)
JANコード  4571117958318
商品コード  CB2-PB-11
政府認証  1017021175
音量    92dB(近接) 79dB(加速)
重量    1190g
素材    超軽量カーボンシェル:超軽量チタンインナー
オイル系  ドレンボルト◯/フィルター◯

MADE IN JAPAN
*この製品は公道走行可能です(適用車種へ装着の場合に限ります)



取付説明書

2017 CBR250RR

※SP忠男ではすべてのアイテムに取付説明書を添えてお送りしています。
※ご不明点などありましたらお気軽に忠男スタッフまでお電話・メールにてお問合せください!

 




忠さんの開発奮闘記

CBR250RR 2017編 序章

★バイク業界を徹底的に活性化させてやろう★

2017年モデルのCBR250RR
がやってきたぁ〜!

はやっ!
日本のバイク業界を徹底的に活性化させてやろうっていう
MSLゼファーの太っ腹社長藤木さんが、どこよりも早く2017CBR250RRを輸入してきた。
SPTADAOもこの企画賛同していち早く 
すっごい性能の気持ちイー!マフラーを開発するぞ。



2017 CBR250RR 開発奮闘記
 

CBR250RR 2017編 其の壱


★出力特性も全く文句のつけようがない。★

いや〜  別格だな!
徹底的に乗ってみた。
すごくパワーがあって、 なにより速い。
既存のこのクラスにはない速さと完成度だ。

パワーフィーリングが3段階に調整できたり本気度満載なんだ。
出力特性も全く文句のつけようがない。
素晴らしいできだ。

さあ、これだけ完成度が高いと料理のしがいがあるぜ!!



2017 CBR250RR 開発奮闘記

2017 CBR250RR 開発奮闘記

CBR250RR 2017編 其の弐


★あきらかに高い馬力を引き出している★

思った通りだ!
ライバルのクォーターマシン(250cc)より
あきらかに高い馬力を引き出している。
HONDAの本気さを伺うことができる素晴らしいパワーだ。

さあ、このマシンどう料理してやろうか・・・。



2017 CBR250RR 開発奮闘記

2017 CBR250RR 開発奮闘記

CBR250RR 2017編 其の参


★あまりいいところを発揮できそうにない★

徹底的に乗り込んで開発の方向性は
ガチッと決まったところで本格的に開発開始だ!

このマシンかなり高速寄りの性格で
日本国内の交通事情では、
あまりいいところを発揮できそうにない。
少し低い回転域からパワーが立ち上がるようにイメージしながら
メインパイプの長さと太さを探っていくんだ。


この基本的なコンセプトを間違えると
いつまでたっても「気持ちイー!」にはたどり着けない。
さあ真剣勝負の始まりだ。



2017 CBR250RR 開発奮闘記

CBR250RR 2017編 其の四

★風圧に打ち勝って最高速を伸ばすことは難しいんだ。★

とはいえ、 このマシンはスーパースポーツのカテゴリー
まずは最高速をどこまで引き出せるかを探ってみたんだ。

シャーシダイナモ(出力特性測定器)と実走行をくり返し、最高速の向上を引き出す。
さすがに完成されたマシンで、高速走行時の風圧に負けないぐらいパワーを
プラスすることは容易ではない。

シャーシダイナモ上でパワーラインが上がっていても、
中々、風圧に打ち勝って最高速を伸ばすことは難しいんだ。




2017 CBR250RR 開発奮闘記

2017 CBR250RR 開発奮闘記

CBR250RR 2017編 其の伍


★6000rpm付近から9000rpm付近の特性作りにはまっている状態だ。★

トップギアでしっかり風圧に打ち勝ちながら
最高速をアップさせるくらいパワーは引き出すことができた。
これを基準に実際のストリートに合わせて各回転域をいじっていくんだ。

剛性が高くキレのいい車体に絶妙なコーナーリング性能、
最高に楽しいこのマシンをSPTADAO流の排気量を
大きくしたようなゆとりの走り、
軽快なフットワークをイメージしながら特性をいじっていったんだ。


今6000rpm付近から9000rpm付近の特性作りにはまっている状態だ。
この回転域の変化がレーシングレプリカマシンの走りにはかなり大きく影響を及ぼす箇所なんだ。

腕がなるぜ

SPTADAO開発チーム


2017 CBR250RR 開発奮闘記

CBR250RR 2017編 其の六


★4000rpmから5000もしくは6000rpmの間の特性に問題があったようだ。★

6000rpmから9000rpmのパワーとアクセルに対するレスポンス
そしてそこからトップエンドまでの伸びがすっごくよくできた完成された特性になった。

ワインディングで今まで以上にライダーの意思通りに走ることができる
最高に気持ちイー出力特性に仕上がってとても満足をしていたんだ。
だけど、うちのスタッフが今までに走ったことのないワインディングを求めて
ツーリングがてらに遠出をした時の感想は全く逆の疲れる。
楽しくないものになってしまった・・・。
どうなっているんだ?

それは4000rpmから5000もしくは6000rpmの間の特性に問題があったようだ。

SPTADAO 開発チーム

2017 CBR250RR 開発奮闘記

2017 CBR250RR 開発奮闘記

CBR250RR 2017編 其の七


★困った時のBOXだのみということで★

再度メインパイプの太さと長さを徹底的に見直し
少し下の回転域までパワーバンドを広げてみたんだ。
しかし、まだまだ満足できる特性に至っていない。

そこで、今度は困った時のBOXだのみということで
BOXの容積、取り付け位置、取り付けパイプの長さ太さに至るまで
徹底的に探ってみたんだ。
ここでやっと、4000rpm~6000rpmの回転域に反応が出てきたんだ。

よし、何となく先が見えてきたぞ!
あとは走りながら感じ取って微調整を繰り返しもう少しで完成だ。

SPTADAO開発チーム

2017 CBR250RR 開発奮闘記

2017 CBR250RR 開発奮闘記

2017 CBR250RR 開発奮闘記

 

CBR250RR 2017編 其の七


★普通にストリートを流しているだけで心地いいんだ★

絶好調!! 



4000rpmから6000rpmまでに
少しフラット気味にパワーを引き出すことに成功した。
これがとても愉快なんだ。
普通にストリートを流しているだけで心地いいんだ。
そして、ワインディングを攻めるときも
回転の許容範囲が広くなった分、
以前に増して上手に速く走ることができる。

これはいいね。
パーフェクトだね。最高だね! 
さあ、この内容でアウターシェルは綾織のカーボンで
インナーはオールチタン超軽量で製品化してくれよ。

SPTADAO開発チーム

2017 CBR250RR 開発奮闘記



 
 



お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010
お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010

 

※ この製品は公道走行可能です。(適用車種への装着の場合に限ります。)
※ ご注文のタイミングによりバックオーダーとなる場合がございますので予めご了承下さい。
※ お急ぎのお客様は事前にお電話にて在庫状況をご確認頂ければより確実です。

購入はこちらから!
 

2017- CBR250RR|POWER BOX Titan&Carbon ※国内仕様(2BK-MC51)/インドネシアモデル(MC41)共通適合  ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。


拡大画像

2017- CBR250RR|POWER BOX Titan&Carbon ※国内仕様(2BK-MC51)/インドネシアモデル(MC41)共通適合  ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。
商品コード : CB2-PB-11

1万円以上お買い上げの場合送料無料!
販売価格 :¥ (税込)
数量

商品についての問い合わせ



レビューお待ちしています!

SP忠男ではライダーの方へ『気持ちィー!』を届けるため、日々開発とテストを繰り返しています。
今後の開発・改善へ向けて、このマフラーに変えられた感想、使い心地を是非教えてください!

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。


 
その他のラインナップはこちら