SP忠男 | オートバイ・バイク・二輪車 オリジナルマフラー公式オンラインストア

SP忠男ダイレクトストア|HOME SP忠男公式ダイレクトストア|忠男のマフラーとは? SP忠男公式ダイレクトストア|インプレッション SP忠男公式ダイレクトストア|よくある質問 SP忠男公式ダイレクトストア|体験試乗会 SP忠男公式ダイレクトストア SP忠男公式ダイレクトストア|直販特典 SP忠男公式ダイレクトストア|お問合せ  
マフラーカテゴリー
ヤマハマフラー
ホンダマフラー
スズキマフラー
カワサキマフラー
外車輸入車オリジナルマフラー
忠男のマフラーについて












ただいま開発中!


■ Z650RS
■ 2022〜XSR900
■ 2022〜テネレ700
■ 2022〜XSR700
■ 2022〜SV650ABS

人気ランキング


Z900RS
POWERBOX FULL 4in1 耐熱ブラック


2位
Z900RS
POWERBOX FULL 4in1 TitanBlue


3位
V-Strom250
POWERBOXパイプ


4位
2018- セロー250
POWERBOXパイプ SUS


5位
SV650ABS
POWERBOX SUS


マフラーお手入れグッズ
マフラーのお手入れ
ホロクリン・ジェル SP
Hole-Zero SP
SP忠男直営ストア特典
全国どこでも出張取付!
試乗体験実施中!
かんたん決済
クレジットカード対応!

10,000円以上のお買上げで送料無料
ログイン

会員ID

Password



SUZUKI|SV650ABS/X ABS | POWERBOX パイプ (適合型式:2BL-VP55B / 8BL-VP55E) ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。

2022~SV650ABS/X ABS (8BL-VP55E) POWERBOX パイプ
ただこのパイプを一本変えるだけ
2022~SV650ABS/X ABS (8BL-VP55E) POWERBOX パイプ
クラッチミート直後からフラットに立ち上がるトルクラインがマシンとあなたの信頼関係を高める
2022~SV650ABS/X ABS (8BL-VP55E) POWERBOX パイプ
3000〜6000rpmライダーをリラックスしたまま気持ちイー!走りに誘う秀逸なトルク フィーリング
2022~SV650ABS/X ABS (8BL-VP55E) POWERBOX パイプ
逞しく引き出したトルクを活かしトントントンと低い回転域でリズム良くシフトUP、こんな走りも 心地よい
2022~SV650ABS/X ABS (8BL-VP55E) POWERBOX パイプ
6000rpmを越えてレッドゾーンへと放りこむ力強いパワーでスポーツ、こんな爽快な走りも
2022~SV650ABS/X ABS (8BL-VP55E) POWERBOX パイプ
排気量の域を超えた質感の高いゆとりの走りが思わずライダーを笑顔にさせる
2022~SV650ABS/X ABS (8BL-VP55E) POWERBOX パイプ
ストリート、ワインディング、ハイウェイとそれぞれのシチュエーションでSVの新しい側面を見せてくれる
2022~SV650ABS/X ABS (8BL-VP55E) POWERBOX パイプ
ただこのパイプを一本変えるだけ あなたのSV650ABSが新たな領域に・・・
POWERBOXパイプ



SV650ABS/X ABS (2BL-VP55B / 8BL-VP55E) POWERBOX パイプ

適合車種
SUZUKI SV650ABS/X ABS (2BL-VP55B / 8BL-VP55E)
製品
POWERBOX パイプ
価格
¥18,500(税抜)
商品コード
SV6-PB-02
JANコード
4571117959872
政府認証
音量
dB(近接)dB(加速)
素材
超軽量ステンレス ポリッシュ仕上げ
オイル系
ドレンボルト◯/フィルター◯

MADE IN JAPAN

*エキゾーストガスケット、ジョイントガスケットは付属しておりません。
*社外エンジンガードとの同時装着は確認しておりません。
*この製品は公道走行可能です。(適合車種 へ装着の場合に限ります)
*バイク オートバイ マフラー なら気持ちイー!SPTADAO

取付動画

 

取付説明書




 

開発奮闘記 2022~SV650ABS編

2022~SV650ABS編 序章


★2022~SV650ABSオーナーからのリクエストも再燃し始めた★

以前からPOWERBOXユーザーの皆様に熱く熱くリクエストを頂いていた
SV650ABS用のPOWERBOXパイプ、
なんだか開発のタイミングを逸しているうちに、
排ガス対応のモデルチェンジのタイミングがやってきた。
同時に2022~SV650ABSオーナーからのリクエストも再燃し始めた・・・・
買おう! 開発用の2022~SV650ABS

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の壱



★その走りの余裕に大きな差を感じてしまうんだ★

久しぶりのSV650ABS、本当にこのマシンは名車だと思う。
基本的な走りの完成度の高さすっごくいい!
今回は初めてPOWERBOXパイプに挑戦してみる。
基本的に不満のないSV650みたいなマシンは
開発の方向性を出すのが結構難しいんだ・・・。

だけど、たまたま同時進行で進めている
直接的なライバルになるのかなぁXSR700と比べると
たった50ccしか排気量の差がないのに、
その走りの余裕に大きな差を感じてしまうんだ。
これは開発の際の良いヒントになるかもしれないな。

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の弐


★パワーボックスのマフラーの互換性を確認してほしいって、★

さあ、パイプのレイアウトをどおするかって、気合を入れて考えていたところ。
2022~SV650のユーザーから、パイプを開発する前に
2021以前のパワーボックスのマフラーの互換性を
確認してほしいって、いうリクエストが入ってきた。
そうだよね、大事なことだよね・・・・・。
つけてみますか!

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の参


★パワーボックスを2022~SV650付けてみた。★

実際に~2021モデル用に開発したパワーボックスを2022~SV650付けてみた。
付かない!微妙に付かない。
サイレンサー側のステーの穴が車体側より
5mm後ろにずれてしまいボルトが入らない。
へ〜そうなんだ。

ということで、サイレンサーステーの穴を車体前方に5mm広げてみた。
するとバッチリ付いた!
さあ、走ってみますか。

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の四


★6速ホールドでグングン走ることが出来る★

そうそう、この感覚。思い出した。 いいね〜!
2000rpm付近から湧き上がるトルクは、
充分700クラスの走りを引き出してくれている。

通常走行では5速と6速をチェンジしながら走る速度域でも
6速ホールドでグングン走ることが出来る。 
そう、このゆとり。この走り『気持ちイー!』ね。

これならこの性能のまま販売しても大丈夫だ!間違いない。
7月の生産ロッドから、
取付ステーの穴位置を進行方向に広げたモデルを製造すれば
また、皆様にスカァッと爽快なPOWERBOXの走りをお届けできるね、嬉しいよ。 
さあ、これで心置きなくパイプの開発に入れるね、こっちも楽しみだ。

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の五


★POWERBOXパイプの開発に入ります★

みなさぁ〜ん、お待たせいたしました!
2022~SV650ABSのPOWERBOX パイプの開発スタートいたしま〜す。

SPTADAOの社長は鈴木忠男。
そして、SV650ABSも鈴木(SUZUKI)のマシンだから相性もバッチリ、
という事で調子に乗って、POWERBOXパイプの開発に入ります。

このマシンはきっと、SPTADAO開発チームにパイプを作らせたかったんだろうなぁ〜って、
勘違いさせるような素晴らしい構造のエキゾーストパイプを持っている。
そう、フロントバンク側のエキゾーストパイプが、
一本だけジョイントからちゃんと外れるようになっているんだ。
大体、他メーカーはエキパイが全部一体だったり、
エキパイの中に大きな排出ガス発散防止装置(触媒)がガッチリ入っていたりで、
オリジナルのエキゾーストパイプを作ろうとすると
丸々作らなくてはいけなくて、すっごいコストになってしまって大変なんだ。

その点SV650ABSは素晴らしい。
フロントバンク側のパイプが一本だけ交換できる。
触媒もここには入っていない。
もしこのパイプを探求するだけで、豊かなトルク、
リッターバイクの雄大な走りを引き出すことができたら、 考えただけで嬉しい!

あとこのマシン、SUZUKIも計算ずくでエキゾーストパイプを設計しているんだろうけど・・・・
どう見てもフロントバンクとリアバンクのパイプの長さが思いっきり違うんだ。
ここも気になる。うまく長さを設定したら結構いい性能が引き出せるかも。

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の六




★この回転域のトルクラインを綺麗に整えてあげたいんだ★

そうそう、POWERBOXサイレンサーの性能チェックをする際に
ノーマル状態の車両で、1点どうしても気になっていたところがあるんだ。
それはクラッチを繋いでマシンをスタートさせるその瞬間、
多分2000rpm手前ぐらいかな・・・・。

トルクラインが、あまり整っていないようで、
スムースな出だしがやりにくいんだ。
すぐに慣れてしまうから、SV650ABSのオーナーは、
さして気にならないと思うけど、
実はこの辺りの特性を綺麗に整えると走りの質感を俄然アップするんだ。
そう、全く別物の高級マシン激変する。
そんなマシンは今までたくさん経験してきている。
まずはSV650ABSのこの回転域のトルクラインを綺麗に整えてあげたいんだ。

もし綺麗にトルクラインを整えて、しかもエンジンが右手の動きに
うまく追従できる絶妙なタイミングを生み出すことが出来たら、
一気にマシンがライダーと一体化してくれる。
まるで、自分の体の一部になったような一体感、
そしてそこからの豊かでフラットなトルクライン、
さらに高回転へと繋がる爽快な伸び、
なんとなくイメージは湧いている。 
さあ、このSV650ABSのフロントのエキゾーストパイプ一本で、
どこまで理想に近づけることが出来るのか、考えただけでワクワクしてくるね。

まずは、リアバンクのエキパイとスタンダードのフロントバンク用の
エキパイの中間くらいまで長さを伸ばして特性変化を探ってみようか。

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の七



★独自のトルクラインを盛り込むことで、驚異的に高まるんだ★

まずは、過去のデータを元にトルク特性に
変化を起こせそうな長さを算出し、当てはめてみた。
この計算で、導き出したパイプの長さがなんと、バッチリ!

一番気になっていた2000rpm手前に発生していた
トルクラインの凸凹にしっかりと反応している。
少し長さの差引をしながら、この域のトルクラインを綺麗に整えてみようかな。
ここが成功すると、もうこのパイプの80%は完成したようなものなんだ。
ライダーとSV650ABSの信頼関係は、
この回転域に長い間うちの開発チームに受け継がれてきている
独自のトルクラインを盛り込むことで、驚異的に高まるんだ。
この回転域に信頼関係が築けないと、
いくらトルクを上げようがパワーを伸ばそうが、全く気持ち良くならない。
ここが、SP忠男の製品の肝だね。
さあ、どこまで上質な乗り心地にできるかワクワクが止まらない!

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の八




★900ccのような雄大で、もう少し質感の高い走りを引き出す★

うん、まずはうまくいった。
2000rpm付近のトルクラインの凸凹が綺麗に整った。
その瞬間、走り出してすぐにライダーが、『ホッ』とする
POWERBOXパイプ独特のフィーリングが顔を出してきた。
このSV650ABSとライダーの信頼関係が深まった状態で、
沢山の時間を一緒にいると、だんだん贅沢な欲望が頭をよぎってきた。

そう、それはリッタークラスとまで行かないまでも、
900ccのような雄大で、もう少し質感の高い走りを引き出す。
そんなトルクラインに仕上げてみたいな。
それには、次に2000~5000rpmの間、
例えば3000rpmくらいで、ギアチェンジをした時に、
少しトルクの波にのまれて回転がわずかに落ちる感じ。
そんなことを感じているんだけど、
この回転域に少しトルクを盛り上げてトルクラインを整えてあげると、
多分このマシンはストントントンって、軽快にシフトアップが出来るようになって、
2000~5000rpmを若しくは~6000rpmを使った走りに『気持ちイー!』 を
引き出せるんじゃないかなって そんなことを感じているんだ。

実際に出来るかどうかわからないけど、もしそれができたら、
このマシン劇的に走りの質感が上がると思うんだよね。
まずは、低い回転域のトルクを引き上げるためにパイプを長く設定してみようかな。

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の玖



★こんなに顕著に走りの質感が悪くなるなんて★

ギアチェンジをするたびに ガッツンガッツン、
どんつきが顔を出し始めた・・・。

これはひどい。 これはいかん。
たった、10mm伸ばしただけのはずなのに、
こんなに顕著に走りの質感が悪くなるなんて、
こんなに反応が、顕著にでるなんて珍しい? 
本当に10mm伸ばしただけなの?

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の拾


★ほんのわずかな長さの差でも特性が大きく変化してくれる★

前回はパイプの長さを10mm伸ばして、えらいことになってしまった。
長く伸ばして理想と逆の特性になってしまったのだから、
今度は逆に10mm短くしてみよう。

あ〜やっぱりそんなに簡単には行かないんだな、
全体的に腑抜けになって、トルク感が激減。ひどいね。
ほんのわずかな長さの差でも特性が大きく変化してくれる。
これは開発者にとって、とてもやりやすいのだけど 
あんまりいい方向に変化をしてくれない。

しまいに6000rpmから上のパワーが極端に落ち込んできていた。
う〜ん、面白いじゃないか。さあ次は何をする?

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の拾壱


★丸秘の部材を埋め込むことが提案された。★

あれから基本的な特性を決めようと5mm単位で、
切っては溶接で、繋いで切っては繋いでの繰り返しをして
パイプの長さを調整し、次に太さも変えて色々トライをしてみたけど、
想像していたような特性には微塵も近づかない。
クラッチミート直後の特性は未だ健在だけどこれだけでは・・・・。

すると開発チームのチーフから思わぬ提案が、
エキパイの仕事は基本、排気脈動をコントロールして
任意の回転域にシリンダー内の混合ガス充填率を高めること・・・・ 
排気関係で究極の脈動コントロールと言ったら2サイクルのチャンバーでしょう。
ということで、昔2サイクルのチャンバー(マフラー)開発を担当していたチーフの発想で
パイプの中に排気脈動をコントロールする。
丸秘の部材を埋め込むことが提案された。
しかしこの部材の形状や取り付け位置など前例がない。
本当に性能が引き出せるかどうかもわからない。
でも面白いからやってみますか。

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の拾弐


★4000rpmから8000rpmにかけて確実にパワーを引き出してくれた。★

驚いたね、2サイクルのチャンバーからヒントを得て、
パイプに仕込んだ部材がすごい働きをしてくれた。
全域にわたって、パワーアップ。
特に4000rpmから8000rpmにかけて確実にパワーを引き出してくれた。

ここから先は、この部材の取り付け位置や形状をいろいろ変えてベストを探求してみる。
いやぁ〜、本当にこのSV650ABSは開発チームを飽きさせない、面白いマシンだぜ。

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の拾参


★量産試作に置き換えたら、この性能が再現できない★

すごいね。2000rpmから発生する綺麗に整えられたトルクライン。
まずはここで、ラインダーが『ホッ』とする信頼関係を築き、
そして、3000rpm〜6000rpmへと緩い右肩上がりで上昇するトルクラインが、
ストンストンと、見事なギアチェンジのフィーリングを引き出してくれた。
本当にこれだけで、このSV650ABSの質感が格段にアップする。
そして更に3000rpm〜6000rpmのトルクを引き上げたことで、
トゥルルルって角のとれた心地良いパルスと共に
650とは思えない逞しい走りを引き出してくれた。
その走りは、レッドゾーンへ向けてパワフルに伸びていく。
すごく『気持ちイー!』
なんだかアイドリングの音すら上質だ。
  これはいい、最高の出来だ。

しかし、ここまできて問題発生。
つぎはぎだらけで作って、試作のパイプを
いざ量産試作に置き換えたら、この性能が再現できない・・・・。
どういうことだ? 
この量産試作を装着して走り出した瞬間、全くひどい。
ガツンガツン、ギヤチェンジの時のドンツキ感が、
中速域の回転の上昇もなんだか気持ち悪い。
なにが起きているんだろう???

SPTADAO開発チーム

2022~SV650ABS編 其の拾四壱


★長さを測定する際に差異が生じていたようだ。★

あれからドンツキの原因がわからず何日も費やしてしまった・・・・・。
そしてやっとわかった。
この現象の原因は、パイプの全長、
複雑な曲げを組み合わせて仕上げたパイプ、
長さを測定する際に差異が生じていたようだ。
その長さは、量産試作の方が開発の最終試作より6mm長かった。
たった6mm、まさかと思って量産試作をカットして全長を6mm縮めてみた。
あの完璧に『気持ちイー!』特性が戻ってきた。
よかった、 これで完成だ。

また、うちのスタッフが試乗車を用意して
日本中各地を回ってイベント行うから
SV650ABS乗りのあなたには絶対に試してほしいな。
きっと『気持ちイー!』毎日が待ってると思うよ。

SPTADAO開発チーム



   


お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010
お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010

 

※ この製品は公道走行可能です。(適用車種への装着の場合に限ります。)
※ ご注文のタイミングによりバックオーダーとなる場合がございますので予めご了承下さい。
※ お急ぎのお客様は事前にお電話にて在庫状況をご確認頂ければより確実です。

購入はこちらから!
 

SUZUKI|SV650ABS/X ABS | POWERBOX パイプ (適合型式:2BL-VP55B / 8BL-VP55E) ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。


拡大画像

SUZUKI|SV650ABS/X ABS | POWERBOX パイプ (適合型式:2BL-VP55B / 8BL-VP55E) ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。
商品コード : SV6-PB-02

1万円以上お買い上げの場合送料無料!
販売価格【ウェブ価格】 :¥ (税込)
数量

商品についての問い合わせ



レビューお待ちしています!

SP忠男ではライダーの方へ『気持ちィー!』を届けるため、日々開発とテストを繰り返しています。
今後の開発・改善へ向けて、このマフラーに変えられた感想、使い心地を是非教えてください!

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。


 
その他のラインナップはこちら

 

SV650ABS

SUZUKI|SV650ABS(適合型式:2BL-VP55B / 8BL-VP55E) | POWER BOX SUS ※ただ今製作にお時間がかかります。納期を事前にお確かめください。

SUZUKI|SV650ABS(適合型式:2BL-VP55B / 8BL-VP55E) | POWER BOX SUS ※ただ今製作にお時間がかかります。納期を事前にお確かめください。

92,400円 税込