SP忠男 | オートバイ・バイク・二輪車 オリジナルマフラー公式オンラインストア

SP忠男ダイレクトストア|HOME SP忠男公式ダイレクトストア|忠男のマフラーとは? SP忠男公式ダイレクトストア|インプレッション SP忠男公式ダイレクトストア|よくある質問 SP忠男公式ダイレクトストア|体験試乗会 SP忠男公式ダイレクトストア SP忠男公式ダイレクトストア|直販特典 SP忠男公式ダイレクトストア|お問合せ  
マフラーカテゴリー
ヤマハマフラー
ホンダマフラー
スズキマフラー
カワサキマフラー
外車輸入車オリジナルマフラー
忠男のマフラーについて




2019年10月からの
消費税率改正についてのご案内






ただいま開発中!


■Vストローム250 POWERBOX サイレンサー
■ADV150
■H2SX SE +

人気ランキング


Z900RS
POWER BOX FULL 4 in 1 耐熱ブラック


2位
17~MT-09/18~XSR900
POWER BOX FULL-SS


3位
18~SEROW250
POWER BOX PIPE


4位
REBEL250
POWER BOX PIPE 耐熱ブラック


5位
17~GSX250R / V-Strom250
POWER BOX PIPE


マフラーお手入れグッズ
マフラーのお手入れ
ホロクリン・ジェル SP
Hole-Zero SP
SP忠男直営ストア特典
全国どこでも出張取付!
試乗体験実施中!
かんたん決済
クレジットカード対応!

10,000円以上のお買上げで送料無料
ログイン

会員ID

Password



KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ

Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
久しぶりにKawasakiが世に送りだした本当のオフロードマシーン
Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
走り出した瞬間ワクワクするKawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
この完成された走りに不満はない
Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
開発はあえてバランスを壊し、突出した特性を引き出すところから始まった
Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
パイプの太さ、長さ、BOXの排気ガスのとりだし位置全てを駆使し最高の走りを引き出した
Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
スタートの心地よいトルク 軽々とマシンを押し出してくれる
Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
田舎道はTOPギアをホールドで、どこまでも、どこまでも
Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
オフロードでは高いグリップ力でグイグイマシンを前に押し出してくれる



Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ

適合車種
Kawasaki KLX230 (2BK-LX230A)
製品

POWERBOX パイプ

価格

¥22900(税別)

JANコード
4571117959223
商品コード
KL2-PB-01
政府認証
 
音量
音量  dB(近接) dB(加速)
素材
超軽量ステンレス
オイル系

ドレンボルト◯/フィルター◯


MADE IN JAPAN

*この製品は公道走行可能です。(適合車種 へ装着の場合に限ります)
*バイク オートバイ マフラー なら気持ちイー!SPTADAO

取付説明書




 

開発奮闘記 KLX230 POWERBOX パイプ編

KLX230 POWERBOX パイプ編 序章


★POWERBOXパイプの開発に取り掛かろうか!★

我が社にKLX230がやって来た。かっこいい!
まるでレーサーの様なルックスだ。
ちょっとだけ、顔が大きい気ががするけど、それもいい。
まずは、うちにチームのマイブーム
POWERBOXパイプの開発に取り掛かろうか!

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の壱



★どんな風にエンジン特性が反応するか探ってみるか★

見た目からしてかなり細いエキゾーストパイプだね。
だいたい、このへんの車種はエキパイを少し太くたくましく見せるために
二重のパイプを使ったりしていることが多いけど、
KLX230は潔いルックス的にはくねくねと貧弱に見えるけど
軽さの追求にはこれがベストだ。

どっちにしろ、Kawasakiのこのエンジンは初めてだから、
まずはパイプを同じ太さで長さを変えて
どんな風にエンジン特性が反応するか探ってみるか。

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の弐


★もっさりしていて、爽快感に欠ける・・・★

このマシンの出力特性は本当によく出来ている。
オフロードを走ってもオンロードを走っても
非の打ち所が無い高い完成度だ!
こう言った場合、開発のやり方はバランスを崩すところから始まる。
今回は極端にエキゾーストパイプを長く設定し、
低い回転域でのトルクを可能な限り引き出す。
その状態で走って感じたことを
次に作る試作の修正に組み入れる。
さあ、極端に長さを伸ばしたこのパイプがどんな走りを見せてくれるのか・・・

うん、こんな感じか・・・わりといいね!
豊かにトルクを引き出すと走りの質感が上がってくる。
ギアの入りも格段にスムーズになり、
通常のんびり走るには最高の性能だ。
ただ、少しだけペースが上がってくると話が変わる
回転の上がりがどんどんなだらかになって、
もっさりしていて、爽快感に欠ける・・・
伸ばしすぎだ。

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の参


★上質な特性にはかなりの価値を感じているんだ★

エキゾーストパイプの長さはバッチリ決まった!
ノーマルより若干長め、とりあえず太さは一緒、
劇的な変化はないものの低速域のトルクが
引き出す上質な特性にはかなりの価値を感じているんだ。
この後を引く心地よさは、最後の最後に
このパイプの魅力を大きく高めてくれる武器になることは間違えないね。

しかし、今の状態で低速の魅力以外は
全域にうっすらとパワーアップが見られるだけ
きっとオーナーが乗ってもほとんど感じられないと思うんだ。
あとはボックスをつけて色々位置を変えながら
特性を作っていこうと考えている。
さあ、どうなるかな楽しみだ。

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の四


★BOXの位置はここがベストではない・・・★

BOXをつけることで確かに特性が変わった!
全体的にトルクが上がり豊かな走りに変わった・・・

しかし、BOXの位置はここがベストではない・・・。
そんな感じがする。
トルクの盛り上がりが、もう少し高回転にずれると
高速域まで綺麗に回転が繋がり爽快感が出ると思うんだ、多分。

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の伍


★セオリーとは逆に反応した★

今回はトルクの出始めを少し高回転域に移行させるために
セオリー通りBOXの位置を大胆に前方にずらしてみた。

お・お・は・ず・れ!

セオリーとは逆に反応した。
乗り味が気持ち悪い。
スタートからほんの少しだけトルクが上がり、
後はまったり先細りのトルクライン。

だめだこりゃ。

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の六



★中速から高速へと繋がっていかない★

前にずらしてダメならば・・・。
そう、後ろにずらしてみる。
このマシンは少し他のマシンとは違うようだ。
トルクの出だしを少し高回転に移行させるために
今度はBOXを大胆に後方にずらしてみる。

きました、きました。
今度は予想通りトルクの立ち上がりが
めちゃくちゃ気持ちイー! これはいいぞ・・・

おっと?
このトルクが途中で途絶える。
綺麗に中速から高速へと繋がっていかない。
ライダーを高揚させるトルクラインが
途中で途絶えてげんなりだ。
そこから少し回転が上がっていくと、
また元気になっていくのだけれど
あとはBOXの位置で調整だ。
そう18mm前方にずらしてくれ
多分15mmでもなく20mmでもない18mmだ!
頼むぜ!

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の七


★どの回転域からアクセルを開けても気持ちイー!★

そう、これこれ!
この感じ!
極低速域から湧き上がる上質なトルクラインが
中速そして高速へと綺麗に連携して繋がっていく。
どの回転域からアクセルを開けても気持ちイー!
ただ、このパイプに交換するだけで、
これだけマシンが上質に変貌するなんて
うちのチームは本当にいい仕事してくれるぜ・・・

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の八


★パイプの太さにも手を入れたくなってきた★

純正と同じ太さでここまでの性能を引き出した。
このまま製品化へ進めるか・・・
とも思ったが、せっかくここまで来たのだから
究極の気持ちイー!を目指して
パイプの太さにも手を入れたくなってきた。
よしワンサイズ太くしてみるか!

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の九


★後はもっさり不快な走り・・・。★

まいった!
激変だぁ。
すごいスタートダッシュ。
しかし、一瞬だけ。

後はもっさり不快な走り・・・。
やっちまった。
さあ、どおする? 元の太さに戻すか?

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の拾


★太いパイプには独特のトルク感がある★

トラクターのような低速トルクとスタートダッシュ、
全体のバランスからするととても気持ち悪い。
しかし、太いパイプには独特のトルク感がある。
これをなんとか活かす方法を考えよう。
このトルクをもう少し高回転まで伸ばして、
高速域のパワーも引き出す。
そんなに調子よく行くものか? 
まあダメなら純正と同じ太さのパイプは完成している
それでも十分大丈夫だ。

さあ、また切っては縮め、繋いでは伸ばし、
走ってチェック。
シャーシダイナモで確認。
手間のかかる作業の再開だ。

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の拾壱



★トルクの出所を高回転域に引き上げる事が出来ればパーフェクト★

やっぱりな、全然違う!
圧倒的にパワフルになった。
パイプの全長はあまりいじらず、
太いパイプと細いパイプの長さの組み合わせで
どんどん性能を追い込んでいった。

純正サイズのパイプとは、
全く比べ物にならないくらいパワフルでかなり気持ちイー!
あと、ほんの少し、ほんの少しだけ、
トルクの出所を高回転域に引き上げる事が出来ればパーフェクト。
さあ、せっかくここまで、来たんだからパーフェクトを目指そうぜ。

SPTADAO開発チーム

KLX230 POWERBOX パイプ編 其の拾弐



★スタンダードより確実に1速以上高いギアを選択して走ることも可能だ。★

結局、パイプの組み合わせだけでは
トルクの発生ポイントを移動させることが出来なかった。
BOXの位置を動かし、容量も変更し、
バランスをとりながらなんとかここまで持ってこれた。

すっごく気持ちイー!

なんか、このたくましいトルク感にかすかに記憶がある。
あのエンデューロブームの時代に一斉風靡した
KDX200のフィーリングに似ていてなんとなく嬉しい。

オフロードに入るとこのトルク特性が、
また絶妙に効いていて右手に対して
忠実にリアタイヤを回して最高のグリッップ力を発生させてくれる。

また、一般道を走るとたくましいトルクが、
グングン車体を前に進めてくれる。
スタンダードより確実に1速以上高いギアを選択して走ることも可能だ。

いい、とてもいい出来だ。
また、快感体感試乗会で試着や試乗できるようにするから是非乗ってもらいたいな!

SPTADAO開発チーム

 



   
 



お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010
お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010

 

※ この製品は公道走行可能です。(適用車種への装着の場合に限ります。)
※ ご注文のタイミングによりバックオーダーとなる場合がございますので予めご了承下さい。
※ お急ぎのお客様は事前にお電話にて在庫状況をご確認頂ければより確実です。

購入はこちらから!
 

KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ


拡大画像

KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX パイプ
商品コード : KL2-PB-01

1万円以上お買い上げの場合送料無料!
販売価格【ウェブ価格】 :¥ (税込)
数量

商品についての問い合わせ



レビューお待ちしています!

SP忠男ではライダーの方へ『気持ちィー!』を届けるため、日々開発とテストを繰り返しています。
今後の開発・改善へ向けて、このマフラーに変えられた感想、使い心地を是非教えてください!

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。


 
その他のラインナップはこちら

 

KLX230

KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX サイレンサー ※4/末 デリバリー開始予定

KLX230 (2BK-LX230A) POWERBOX サイレンサー ※4/末 デリバリー開始予定

74,800円 税込