SP忠男 | オートバイ・バイク・二輪車 オリジナルマフラー公式オンラインストア

SP忠男ダイレクトストア|HOME SP忠男公式ダイレクトストア|忠男のマフラーとは? SP忠男公式ダイレクトストア|インプレッション SP忠男公式ダイレクトストア|よくある質問 SP忠男公式ダイレクトストア|体験試乗会 SP忠男公式ダイレクトストア SP忠男公式ダイレクトストア|直販特典 SP忠男公式ダイレクトストア|お問合せ  
マフラーカテゴリー
ヤマハマフラー
ホンダマフラー
スズキマフラー
カワサキマフラー
外車輸入車オリジナルマフラー




人気ランキング


Z900RS
POWER BOX メガホン


2位
17~MT-09/18~XSR900
POWER BOX FULL-SS


3位
08~17CB400SF HV
PURE SPORT-TWO TAIL


4位
XSR700/MT07ABS
POWERBOX FULL-SS


5位
ZRX1200 DAEG
POWER BOX メガホン


マフラーお手入れグッズ
マフラーのお手入れ
ホロクリン・ジェル SP
Hole-Zero SP
SP忠男直営ストア特典
全国どこでも出張取付!
試乗体験実施中!
かんたん決済
クレジットカード対応!

10,000円以上のお買上げで送料無料
ログイン

会員ID

Password



'16 ZX-10R|POWERBOX TitanBlue


Kawasaki '16 ZX-10R POWERBOX TitanBlue

まずは基本的な出力バランスを崩さないこと

Kawasaki '16 ZX-10R POWERBOX TitanBlue

可能な限りライダーの感性に近づけるようにパワーラインを整えること

Kawasaki '16 ZX-10R POWERBOX TitanBlue

フィーリング、実測ともにしっかりと性能を向上させること

Kawasaki '16 ZX-10R POWERBOX TitanBlue

エキサイティングで心を高揚させるサウンドに仕上げること

Kawasaki '16 ZX-10R POWERBOX TitanBlue

極限までコンパクトなスタイリングに仕上げること

Kawasaki '16 ZX-10R POWERBOX TitanBlue

公道を走行できること
 

Kawasaki '16 ZX-10R POWERBOX TitanBlue

ここから生まれるこの全ての 気持ちィー! この小さなパッケージに

Kawasaki '16 ZX-10R POWERBOX TitanBlue

そしてこのPOWER BOX 最大の魅力は

わずか950gのフルチタンだということ





16~ZX-10R POWERBOX TitanBlue
 


適用車種    '16 ZX-10R
製品名     POWERBOX TitanBlue
価格      115,000(税別)
商品コード    ZX1-PB-01
JAN       4571117958271
政府認証    1016021168
音量      93dB(近接) 79dB(加速)
素材      超軽量チタンシェル/超軽量チタンインナー
オイル系     ドレンボルト◯/フィルター◯
製造      MADE IN JAPAN

*この製品は公道走行可能です(適用車種 へ装着の場合に限ります)

 

 

 


■忠さんの開発奮闘記! ZX-10R編

ZX-10R編 序章

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編
 

★「これのマフラーを作らせてよ」って言ったら二つ返事でOK!★

いつものようにMSLゼファーの藤木社長さんのところへ
車両を借りに行ったら、まっさらの新車ZX-10Rが飾ってあった。
結構かっこいい!

乗りたさ半分、話半分で
「これのマフラーを作らせてよ」って言ったら二つ返事でOK!
嬉しい!
早速、借りて帰ってきた。
いいマフラーを創るぞ。

ZX-10R編 序章其の壱

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編
 

★エンジンの乗りやすさにみんな感動していた。★

借りてきた新車ををいきなり全開で回すわけにはいかない。
しっかりと回転を抑えて慣らし運転をしないと
本来のエンジン性能は得られないからね。

ノーマルの体感情報を集めることと、
慣らし運転の距離を稼ぐために何人かで手分けして 
ZX-10Rに乗ってきたんだ。
DUCATIやYZF-R1とはまた明らかに違う
エンジンの乗りやすさにみんな感動していた。

プロダクションレースでトップタイムを叩き出すモンスターマシンなのに
普段は普通にツーリングもこなせるフレンドリーさ
このKawasakiの懐の深さには脱帽だ。

この完成度が200万円ちょっとで買えるのは驚きだぜ。

ZX-10R編 其の弐

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編
 

★サウンドと軽量に集中しよう。★

基本ZX-10Rはエンジンの下に 
大きな大きなお弁当箱のような排気ガスの傍聴室兼消音室を持っていて
ここで性能を決め、排出ガスを綺麗にして、音まで抑えている。

だから、一般的な位置にあるサイレンサーは
サブ的な立場になってしまうんだ。
ということは、多くの場合このサイレンサー部分を交換しても
あまり性能に影響を及ぼさないことが多い。

ならば、今回はサウンドと軽量に集中しよう。
素材はチタンにして、なるべくコンパクトにシンプルに軽く軽く。
軽くするためにもサイレンサーのメガホンは極限まで小さくしよう・・・。

ZX-10R編 其の参

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

 

★手こずりそうな予感がするぜ。★

落ちた! 
性能がガタ落ちだ! 
5馬力単位でパワーが落ちたんだ。驚きだね。
だいたい、この手のマシンはエンジンの下のボックスで音量を抑えているから
サイレンサーの中身は思いっきり直管に近い状態のインナーパイプを使って
すっとんとんで、すこしでも性能をひきだしてやろうとおもったのに・・・。
案外、思ったよりも手こずりそうな予感がするぜ。

ZX-10R編 其の四

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

 

★低速域に不安定なパワーラインが現れて乗りづらくなったなぁ〜★

内径をさらに太くして排気を思いっきり抜いてみた!
今度はかなりパワーが上がってきたが
低速域に不安定なパワーラインが現れて乗りづらくなったなぁ〜。
しかも音が少しだけ大きくてこれでは公道走行が出来ない。
やっぱり結構難しいね。
そろそろボックスを付けてみるか。

ZX-10R編 其の伍

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編
 

★性能は変化なしだ。★

BOXをつけて音は少し下がった!
しかし、性能は変化なしだ。
BOXの取り付け位置、取り付けパイプの太さ ・・・

なんとか性能に結び付けたい。

ZX-10R編 其の六

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編
 

★ガッツン、ガッツンしてしまう。★

BOXへのジョイントパイプの取り付け位置や
パイプの太さBOX自体の容量をいじったら、
さらに音量が下がったんだ。 
この下がった音を利用してサイレンサーインナーの構造を変更し
パワーを引き出すことに成功!

しかし、極低速のパワーが若干出すぎて
ガッツン、ガッツンしてしまう。
ここ以外は、とてもトルクフルでいいのだが
ガッツンガッツンはいただけない。
ここはどうにかしていかないと。

 

ZX-10R編 其の七

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編
 

★絶対に1Kgを切るんだ。たのむぜ!★

インナーパイプの形状をいじって
BOXの取り付け位置サイズいろいろいじりまくって
なんとか「ガッツンガッツン」を消したんだ!
すごっくいい!!
コーナの立ち上がりからワイドオープンで
アクセルを開けることだできるこれは本当に気持ちがイーぞ!

ただ、ここで一つ問題が発生
内部構造を複雑にしすぎて重量がかさんでしまったんだ。
当初の目標は素材を全てチタンに置き換えて1Kgを切ることなんだ。
今の構造では1.2kgを超えてしまう。
これではダメだ。1.2や1.3Kgのマフラーなんてざらにある。
いくら性能が良くたって、ほかに大きくアドバンテージをつけて
公道走行を出来るマフラーとして1Kgを切りたいんだ。
いや、絶対に1Kgを切るんだ。たのむぜ!


ZX-10R編 其の八

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編

SP忠男開発ブログ:ZX-10R 編
 

★950gを達成!★

いやぁ〜大変だった。
軽さを引き出すために内部構造を工夫すると音量が規制値を超えてくる。
軽さを維持したままで規制値をクリアすると性能が落っこちてしまう。
なかなか、 うまくいかなかった。
でも、根気強くこれの繰り返しを行っていったことで
絶妙なバランスで全てをクリアできるポイントを見出すことができたんだ。
これはすごい。
太く迫力のあるサウンド、軽快なパワーフィーリング。
そしてライトウェイト。

950gを達成! 
すごいマフラーが出来上がった。
さあ、製造に取り掛かるぞ。

また、ライドオンキャンペーンで試着のできるマフラーを
用意するから興味があったら是非試してみてくれよな。



ライドオンキャンペーン試乗会の情報はこちらからご覧になれます。

 

 

 

 
 



お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010
お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010

 

※ この製品は公道走行可能です。(適用車種への装着の場合に限ります。)
※ ご注文のタイミングによりバックオーダーとなる場合がございますので予めご了承下さい。
※ お急ぎのお客様は事前にお電話にて在庫状況をご確認頂ければより確実です。

購入はこちらから!
 

'16 ZX-10R|POWERBOX TitanBlue


拡大画像

'16 ZX-10R|POWERBOX TitanBlue
商品コード : ZX1-PB-01

1万円以上お買い上げの場合送料無料!
販売価格【ウェブ価格】 :¥ (税込)
数量

商品についての問い合わせ



レビューお待ちしています!

SP忠男ではライダーの方へ『気持ちィー!』を届けるため、日々開発とテストを繰り返しています。
今後の開発・改善へ向けて、このマフラーに変えられた感想、使い心地を是非教えてください!

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。


 
その他のラインナップはこちら