SP忠男 | オートバイ・バイク・二輪車 オリジナルマフラー公式オンラインストア

SP忠男ダイレクトストア|HOME SP忠男公式ダイレクトストア|忠男のマフラーとは? SP忠男公式ダイレクトストア|インプレッション SP忠男公式ダイレクトストア|よくある質問 SP忠男公式ダイレクトストア|体験試乗会 SP忠男公式ダイレクトストア SP忠男公式ダイレクトストア|直販特典 SP忠男公式ダイレクトストア|お問合せ  
マフラーカテゴリー
ヤマハマフラー
ホンダマフラー
スズキマフラー
カワサキマフラー
外車輸入車オリジナルマフラー



ただいま開発中!
SV650ABS 2016/12/16〜
■2017 CBR250RR 2017/1/6〜
■SEROW250 Carbon 206/12/12〜
■GIXXER150sf 2016/12/12〜

人気ランキング

MT-07 (EBL-RM07J)
POWER BOX FULL HP

2位
セロー250(JBK-DG17J)
POWER BOXマフラー
ステンレス


3位
NMAX(EBJ-SE86J)
POWER BOX FULL "S"
ステンレス


4位
14〜PCX125(EBJ-JF56)
PURE SPORT “SILENT VERSION” 
ゴールドエンブレム


5位
YZF-R25(JBK-RG10J)
POWER BOX マフラー


マフラーお手入れグッズ
マフラーのお手入れ
ホロクリン・ジェル SP
Hole-Zero SP
SP忠男直営ストア特典
全国どこでも出張取付!
試乗体験実施中!
かんたん決済
クレジットカード対応!

10,000円以上のお買上げで送料無料
ログイン

会員ID

Password



DUCATI SCRAMBLER|POWERBOX| (EBL-K102)


DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
 

ただでさえかるくてパワフルで愉快なSCRAMBLER を 
 

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX

さらに愉快にさらに気持ちよくするのはたいへんだった。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX

この性能、この乗り味を生み出すのに1年掛かった。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX

おかげで素晴らしいマフラーが完成した。


DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX

まる一日中いやってほど走り尽くしてきても、また乗りたくなる

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
 

クラッチをつないだ瞬間ライダーをほっとさせる不思議な感覚がそうさせる

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX

ただふつうに走るだけでも 気持ちイー! イタリア車らしい上質なパルス感
 

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
 

パワフルに おおらかに 心を豊かにしてくれるPOWER BOX マフラー

 

 

適用車種      DUCATI SCRAMBLER (EBL-K102)
製品名       POWERBOX
価格        128,000(税別)
商品コード      SC8-PB-01
JAN         4571117958240
政府認証      1116021166
音量        93dB(近接) 81dB(加速)
素材        超軽量ステンレスシェル/超軽量ステンレスインナー
オイル系       ドレンボルト◯/フィルター◯
MADE IN JAPAN

*この製品は公道走行可能です(適用車種 へ装着の場合に限ります
*写真のカーボン製ヒートガードは12,000円(税抜)で販売しておりますのでお気軽にお問合わせください!

 


よくあるご質問
SCRAMBLERについてお客様より実際にいただいたご質問と回答を掲載しております。
ご不明点につきましてはお気軽にお問合わせください!

SP忠男お問い合わせ先:TEL 03-3845-2010
 

Q:
SCRAMBLER POWER BOX FULL についてお尋ねします。
この製品は一体型ですか?それとも何分割かに分かれている製品でしょうか?
また、自分で交換作業をしてみようと思いますが、簡単にできますか?

A:
こちらの製品は一体型の構造です。
また、交換作業につきましては比較的簡単な作業だと思います。

念の為、製品に付属しています取り付け説明書の写しを添付しておきましたのでご参考になさってみて下さい。
★当ページにも取り付け説明書を掲載しております★

エキゾーストパイプへとの接合部には後々の排気漏れや水滴の垂れを防ぐ為に
液体ガスケットの塗布をおすすめしています。
液体ガスケットは付属しておりませんので、お手元に無い場合には大変恐れ入りますが量販店等でお買い求め下さい。
使用する量は少量ですのでサイズの小さいチューブタイプで十分です。
また、Ducati は振動の大きいエンジンですので、
ボルトの緩み防止としてネジ山に塗るネジロック剤もあると尚よろしいかと思います。(低強度のもので十分です。)

SP忠男・上野店(TEL:03-3845-2009)
(2016年9月30日回答)

Q:
SCRAMBLER POWER BOX FULL のマフラーが発売される様ですが、車検対応という事でよろしいでしょうか。
正規ディーラーに持ち込んでも車検を通してもらえるものなのでしょうか。

A:
弊社製品は政府認証試験に合格したマフラーですのでそのまま車検を受ける事ができます。

正規ディーラーさんを通しての車検に関しましても
音量規制、排気ガス規制の基準に適合した合法的な交換用マフラーとなりますので
基本的にはそのままの状態で受け付けていただけると思います。

実際にディーラーさんに車検を持ち込まれて何かお困りになりました時には
弊社から製品に関するご説明などのお手伝いをさせていただきますのでいつでもご連絡ください。

SP忠男・上野店(TEL:03-3845-2009)
(2016年10月2日回答)



お客様からご感想をいただきました!

SCRAMBLER POWERBOX のご感想をいただきました。ありがとうございます!

お客様からご感想をいただきました!

 

小山内のインプレッションです!


SP忠男上野店のブログで、小山内が実際に乗り比べて確かめてみました!

 

 

こんばんは今日もご観覧いただきましてありがとうございます。

本日は、新製品のインプレションを紹介します。

車種は、DUCATI / SCRAMBLER です。


純正マフラーとの違いを体感しました!

まず初めはノーマルマフラーで試乗開始!!

まずはノーマルマフラーから!

実際に走ってみた感想は…
スクランブラーを初めて乗ったのが今年の2月でした!
黄色いし、おしゃれだし、かわいいしと舐めて乗ってしまった私がバカでした。
このパワーの出方は、何でしょう!?暴れ馬を扱っているようで
私には、とても扱いできません!!
もう二度と乗りたくないかも…


なかなか尖った特性のバイクです

そしてSP忠男マフラーが完成したので、
とりあえずもう一度ノーマルマフラーで試乗しました。
このパワーの出方は、わかっていてもわかっていても怖さを感じます。
脇を締めて走ることができません。常に上半身は、がちがちの状態です。
このスリル感がおもしろいと思う方もいらしゃいますが、私にはちょっとリスクがありました!!

そして次にパワーボックスを装着して試乗しました。
純正マフラーは、2速に入れてすぐにグイ〜んと急加速してしまうので操作に苦労しますが
パワーボックスは、準備期間があるというか
私の思い通りに加速していきます。
スロットルの動きに忠実です。

今回試乗した街中では、純正の特性を理解して乗っていても、
路肩の車を避けようと右によって
対向車のバスに突っ込んでしまいそうな場面もありました。

先日、上野店で試乗されたお客様が純正は、
前の車に突っ込みそうになるけどもこれなら大丈夫ですね。
フラットな特性で扱いやすく、乗りやすいとおしゃられていました。

確かに突っ込みそうになるとおっしゃっている意味が良くわかりました。
数百メートル前があいていれば話は別ですが、都内ではなかなかないシーンです。
ものすごく乗りやすくなりドカティらしさが残っている楽しいマフラーです。
ちなみに渋滞時に1速で走っていてもギクシャクせずにへっちゃらでした。

サウンドは、イタリア車ドカティにしか出せない歯切れのいいサウンド
走っていても信号待ちでも気持ちを明るくさせてくれます!!

こちらのPOWERBOXは、クラッチを繋いだ瞬間ほっとさせてくれ、
回転の上昇具合が予想できるから安心してクラッチをつなげます。
これは微々たることですが、ライダーの精神的疲労を相当和らげてくれるます。
結構いいです。

そして、日本の一般道路で使う回転域にとことんこだわった出力特性
上質なパルス感がすっごくいいです。
田舎道を淡々と走るのもいいし、また都内を走るにも、
すこしオートマ感覚で走れて心地よくライダーを楽しくワクワクさせ
最高に”気持ちィー!!”走りをお楽しみいただけます。


 

上野店 小山内 綾



お客様からご感想をいただきました!


SP忠男上野店のブログで、体験くださったオーナー様のご紹介をしています♪

 

こんばんは〜

本日もご観覧いただきましてありがとうございます

マフラー交換のオーナー様をご紹介をいたします

DUCATI SCRAMBLER POWER BOX

マフラー交換のオーナー様をご紹介をいたします
本日のゲストは千葉県よりご来店頂きましたSCRAMBLERの
オーナー様です
オートバイ購入後、現在までに179キロ走行されています。
発売日、世界で一番に装着させていただきました!!

実際に走られたオーナー様の感想は…
低速、低回転で走らざる負えない状況で発生するドンツキやカタカタ感
がマイルドになり、クラッチワーク・アクセルワークに余裕ができました。
アクセルワイドオープン時も淀みなく回転が上がります。

こちらのPOWERBOXは、クラッチを繋いだ瞬間ほっとさせてくれ、
回転の上昇具合が予想できるから安心してクラッチをつなげます。
これは微々たることですが、ライダーの精神的疲労を相当和らげてくれるます。結構いいです。

そして、日本の一般道路で使う回転域にとことんこだわった出力特性と
上質なパルス間がすっごくいいです。
田舎道を淡々と走るのもいいし、また都内を走るにも、
すこしオートマ感覚で走れて心地よくライダーを
楽しくワクワクさせ最高に”気持ちィー!!”走りをお楽しみいただけます。

究極の”気持ちィー!!”性能をお楽しみ下さい。

上野店 小山内 綾

 

 

SP忠男 DUCATI SCRAMBLER の取り付け方についてご案内いたします。

 

SP忠男 DUCATI SCRAMBLER の取り付け方についてご案内いたします。
パワーボックスシリーズは取付もシンプルになるよう開発されていますので、所要時間はおよそ20分〜30分ほど。
もしご不安な場合には、直販特典に
【無料出張取付サポート】もございますので、お気軽にご相談くださいね。


動画でも取り付け方をご案内しています。
 

【はじめに】商品が届いたら

●商品内容について ※サイズの単位:mm

一体型サイレンサーボディー  ×1
▲侫薀鵐献淵奪函 M6 )    ×1


※ 説明書内の写真は試作品の為、実際の商品とはパイプの形状等、一部異なる場合があります。
※ 作業は平坦な場所でエンジン、マフラーが完全に冷えた状態で行なって下さい。
※ ボルト類の組み付け時には、緩み防止の為に“ ネジロック剤 ”を塗布の上、締め付ける様にして下さい。
※ キズ付き防止の為に、マフラー取り付け部廻りの塗装部分にはあらかじめガムテープ等を 貼っておく事をお勧めします。

1.純正マフラー を取り外します。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
サイレンサーボディー差し込み部のスプリングを取り外します。
※スプリングは後で再使用します。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
スプリングの取り外しにはケガのない様にスプリングテンションツールの使用をおすすめします。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
サイレンサーボディー左側の固定箇所を取り外します。
※ボルトは後で再使用します。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
サイレンサー上部の固定箇所を取り外します。
※ボルトは後で再使用します。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
サイレンサーボディー全体を上下左右に細かく揺すりながら
エキゾーストパイプからゆっくりと引き抜きます。
(重いので落下に注意して下さい。)
 

2.POWER BOX マフラーを仮組みして行きます。


DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
POWER BOXマフラーをゆっくりと差し込んで行きます。
サイレンサー上部の固定箇所の穴位置も合わせながら組み込みます。

※水滴垂れや排気漏れを防ぐ為にも接合部には
あらかじめ液体ガスケットを塗布して組み付ける事をおすすめします。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
サイレンサー上部を仮止めします。
※固定には純正マフラーに使用していたボルトと付属の ▲侫薀鵐献淵奪 を使用します。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
サイレンサーボディー左側を仮止めします。
※固定には純正マフラーに使用していたボルトを再使用します。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX
エキゾーストパイプとの差し込み部をスプリングで固定します。
※純正マフラーに使用していたスプリングを再使用します。

 

3.本締めを行います。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX

スイングアーム、タンデムステップステップ廻り、フレームなどがマフラーと干渉していないか
良く確認しながら位置を調整し、本締めします。
(特に転倒歴のある車輌等は注意が必要です。)
サイレンサーやパイプに付着した汚れ、油分をパーツクリーナーなどの
脱脂剤でしっかりと拭き取って下さい。

汚れや油分がマフラーに付いた状態でエンジンをかけて熱が加わりますと
後で落とすのが困難になりますのでご注意下さい。

 

4.エンジンを始動し、各接合部から排気漏れの無い事が確認できましたら作業終了です。

DUCATI / SCRAMBLER POWERBOX

※マフラー装着完了後も取り付け状態やボルトの緩みのチェックは定期的に行って下さい。

※製品によってはサイレンサー下部・前方のリベット付近やパイプの一部に小さな穴を空けています。
 これは水抜き用に設けられた穴ですので特に問題はございません。

※製品の構造上、ご使用状況によってはアフターファイヤーが発生する場合がありますが、
 性能や耐久性に問題が生じるものではございません。

※装着直後はマフラー内部に残った油分により、白煙や臭いが発生する場合がありますが数日で解消されます。

※マフラーの使用期間・使用状況によっては、音量が大きくなる事があります。
 使用距離:10,000km毎を目安にサイレンサー内部消音材(=グラス・ウール)の交換をお勧め致します。
(詳細は弊社までお問い合わわせください。)

上記の内容を良くご理解いただいた上でご使用下さい。
ドライバーの皆様のバイクライフがもっと「気持ちィー!」「楽しい!」ものになりますように!

DUCATI SCRAMBLER 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記
★スクランブラーがやってきた!★

おい!なんだこれ?
『DUCATI スクランブラぁ〜?』 
なにすんだこれ?

 

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の壱

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記
★とりあえず何ができるか、みんなで乗って感じてみるか。★

ふぅ〜ん、そうか! 
海外と国内のパートナーから
このDUCATIで、なにか気持ちよくなるものを創れって要望なのか、
凄いのか・・・。

とりあえず何ができるか、みんなで乗って感じてみるか。

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の二

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★オートバイの原点みたいな乗り物だね。★

いやぁ〜 楽しいね!
軽いってことは、ただそれだけで価値があるね。
オートバイの原点みたいな乗り物だね。
このスクランブラーは。



 

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の参

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★なぜだか最近空いている★

段々、このスクランブラーの
良いところそうでもないところが、見えてきた!
その軽快さ大らかさ、
最近にはあまり見ない魅力に溢れたバイクだ。

ただ、少し気になることがある。
今まで毎週末いや毎日のように社員の誰かが、
借りて乗っていたスクランブラーがなぜだか最近空いている。
どうしたんだ? 

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の四

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★乗ることすら億劫になる。★

やっぱり、なたまに乗るとそれだけで
ライダーを楽しくしてくれるすごいマシンだ!

だけど、自分があまり元気のない時には
乗ることすら億劫になる。
ここをなんとかできないかなぁ?
いつでもどんな時にでも
乗りたくなるそんなふうにならないかなぁ・・・?



 

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★2,000rpm前後がうまく調教できればきっともっと楽しくなる★

あれから色々走り回って、だんだん分かってきた。
キーワードは2,000rpm。
なんだか、この域がスクランブラーを神経質にさせている。

全体的に素晴らしく綺麗なパワーラインを描いているエンジンで
元気で気持ちいい走りは、
このパワーラインと車重の軽さのおかげ!
あとは 2,000rpm前後がうまく調教できればきっともっと楽しくなる。
毎日だって乗りたくなる。
今以上に可愛い存在になる事が間違いないと、思っているんだ。
楽しみだ!

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★キーコンセプトは「Freedom」★

キーコンセプトは「Freedom」
基本元気な特性は残しておいて
現在、70Km/h付近から楽しくなる出力特性を
60Km/h付近からでも楽しく味わえるようにしたいんだ。

これができると田舎の道を坦々と坦々と日本中のあらゆる道を
自由気ままに何事にもとらわれることなく、
おおらかにおおらかに、そんな感覚で走らせられるようになるって想像している。

どこをいじると どこの出力特性が変わるのか
ありとあらゆることをやってチェックしている。
なんとなく、 どこをいじると理想の特性になるかがわかってきた! 

これからが楽しみだ

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★サイレンサーに集中していじってみるか!★

エキパイいじって 
センターパイプをいじって 
サイレンサーをいじって ・・・・ 。

今のところ、サイレンサーでの出力特性の変化が最も著しい
少しサイレンサーに集中していじってみるか!

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★低速トルクが上がりすぎて逆にギクシャクしてしまう。★

エキゾーストパイプをループさせて 
マフラーの全長を長くした。
ショートなスタイリングを創りながら
性能はフラットでトルクフルな出力特性を作る。
これは、SP忠男が良く使う手法だ!

しかし、今回これが効きすぎた。
低速トルクが上がりすぎて逆にギクシャクしてしまう。
長さを調整してなんとか改善しようとしたが 
この構造だとそれにも限界がある。

やめるか!

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★トップギアで使える速度域が広くなってきた。★

エキゾーストパイプの長さを調整しやすいように
ループの巻を変えてみた。
こうすることで性能の変化とともにバンク角を稼ぎ出そうって考えだ。
俺は簡単に口で言うだけだけど、
ここまで内容を変更をして作るのは一から作ることになるので
めちゃくちゃ大変なんだ。
開発スタッフには頭がさがるぜ。

でも、走りの方は少し理想に近づいたようだ。

クラッチミート直後の特性が安定したので
ホッとした感じが生まれたし、
ほんの少しだけ中速域のパワーが向上したことで
トップギアで使える速度域が広くなってきた。

まだ完璧というには程遠いが、いい方向に向かっていると思うな。

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の十

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★どちらかを満足させるとどちらかがダメになる。★

何度も何度も何度も何度も 
嫌になるくらい作って乗って、作って乗って、
でも、思うようにいかないんだ。

トップギアでどこまでもどこまでも 
おおらかに走り続けることのできるフラットなトルク感。
そして、気持ちいい高速の伸び、
どちらかを満足させるとどちらかがダメになる。
しまいには、クラッチミート直後のあの絶妙なフィーリングすら
再現できなくなってきた。
まいったぜ。
これ以上打つ手はないのか?


 

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の拾壱

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★『ドゥルドゥルドゥルッ』 どこまでもどこまでも走っていける★

こんどはそうくるか!
ループの途中にboxをいれて豊かなトルクを引き出し
さらにフラットな特性に仕上げる。
クラッチミート直後のナチュラルな感覚も戻ってきた。
このクラッチミート直後の特性がマシンに対する信頼感を高める。
クラッチミート直後にライダーをホッさせる安心感が
大排気量の二気筒にはとても大切なんだ。

そして、この特性を創ることで新車の時からどこかに感じていた
『ゴソゴソゴソ』っとしたガサツなエンジンのパルス感を
『ドゥルドゥルドゥル』ってDUCATIらしいまろやかで
上質なものに変えることができるんだ、
これが最高に心地いい! 
これだけでも走ることが楽しくなるし、
とても高い価値がある。
これはいいね。すごくいい。

都内を走っていてもギアチェンジが少なくなった。
快適だ。 
田舎道を走っていてもTOPギアのままで
『ドゥルドゥルドゥルッ』 どこまでもどこまでも走っていける。 
絶好調!

これで完成?


 

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の拾弐

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★その上の回転域をいじるのはかなりハードルが上がる★

いやいやいや。
ここまではうまくいっているが、まだ完成には早いだろう!
なんだかんだ言ったって、このエンジンの得意分野は
高速域の元気良さ、気持ちいい回転の伸びだ!

特にスタンダードは70Km/hから上は絶好調だ!
まあ、ここまで通常走域の特性とパルス感を
気持ち良く仕上げたのだから
逆にその上の回転域をいじるのはかなりハードルが上がる。
手をつけたくないのはわかるが、ここが腕の見せどころってやつだろ!
ガンバレ!


 

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の拾参

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★全てがうまくつながり始めた。★

そうか、バイパスか。
なるほど〜
BOXとメインパイプの間にバイパスをつけて特性を探るんだな!
スクーターの開発のときによく使っていた手だな。
造作は複雑になるけど、効果は期待できるな。 
さあ、どうだ!?   

いいね! これはすごいぞ!!
全てがうまくつながり始めた。
後は、バイパスの連結する位置と太さを詰めれば
更に良くなる予感がするぜ。



 

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記 其の拾四

DUCATIスクランブラーがやってきた! 開発奮闘記

★これがあるからマフラー創りはやめられないよな。★

いいぞ! すっごいのが出来上がった。
これは本当に気持ちイー!

まず、クラッチを繋いだ瞬間ほっとするんだ。
回転の上昇具合が予想できるから安心してクラッチをつなげる。
これは微々たることなんだが、
ライダーの精神的疲労を相当和らげてくれる。結構いいぞ。

そして、日本の一般道路で使う回転域に
とことんこだわった出力特性と
上質なパルス間が自分で言うのもなんだけどすっごくいい。
田舎道を淡々と走るのもいいし、また都内を走るにも、
すこしオートマ感覚で走れて心地いいんだ。

そして最後になって結構苦労した70Kmからの
スピードもかなり元気に伸びてくれる。
楽しくて楽しくて走っていたら、いつの間にかとんでもなく遠くまで来てしまった。
やっぱり、これがあるからマフラー創りはやめられないよな。



 

その他にも開発中マフラーの奮闘記が満載!忠さんの開発奮闘記ブログはこちらです。

 

 
 



お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010
お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010

 

※ この製品は公道走行可能です。(適用車種への装着の場合に限ります。)
※ ご注文のタイミングによりバックオーダーとなる場合がございますので予めご了承下さい。
※ お急ぎのお客様は事前にお電話にて在庫状況をご確認頂ければより確実です。

購入はこちらから!
 

DUCATI SCRAMBLER|POWERBOX| (EBL-K102)


拡大画像

DUCATI SCRAMBLER|POWERBOX| (EBL-K102)
商品コード : SC8-PB-01

1万円以上お買い上げの場合送料無料!
販売価格 :¥ (税込)
数量

商品についての問い合わせ



レビューお待ちしています!

SP忠男ではライダーの方へ『気持ちィー!』を届けるため、日々開発とテストを繰り返しています。
今後の開発・改善へ向けて、このマフラーに変えられた感想、使い心地を是非教えてください!

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。


 
その他のラインナップはこちら