SP忠男 | オートバイ・バイク・二輪車 オリジナルマフラー公式オンラインストア

SP忠男ダイレクトストア|HOME SP忠男公式ダイレクトストア|忠男のマフラーとは? SP忠男公式ダイレクトストア|インプレッション SP忠男公式ダイレクトストア|よくある質問 SP忠男公式ダイレクトストア|体験試乗会 SP忠男公式ダイレクトストア SP忠男公式ダイレクトストア|直販特典 SP忠男公式ダイレクトストア|お問合せ  
マフラーカテゴリー
ヤマハマフラー
ホンダマフラー
スズキマフラー
カワサキマフラー
外車輸入車オリジナルマフラー
忠男のマフラーについて









ただいま開発中!


■2018~ ZX-6R 
■TRCER900-ABS 
■Rebel250(サイレンサー) 
■~2017 SR400 
■2018- PCX125 HYBRID

人気ランキング


Z900RS
POWER BOX FULL 4 in 1 耐熱ブラック


2位
17~MT-09/18~XSR900
POWER BOX FULL-SS


3位
18~SEROW250
POWER BOX PIPE


4位
REBEL250
POWER BOX PIPE 耐熱ブラック


5位
17~GSX250R / V-Strom250
POWER BOX PIPE


マフラーお手入れグッズ
マフラーのお手入れ
ホロクリン・ジェル SP
Hole-Zero SP
SP忠男直営ストア特典
全国どこでも出張取付!
試乗体験実施中!
かんたん決済
クレジットカード対応!

10,000円以上のお買上げで送料無料
ログイン

会員ID

Password



-'13 Ninja1000( ZXT00G / ZXT00H / ZRT00D )|PowerBox ソリッドチタン【930g】(販売終了しました)

当アイテムは販売を終了しました

Ninja1000にチタンが登場!
 

 

このマフラーは送料無料です♪このマフラーは送料無料です♪SP忠男スタッフが最高のセッティングでお届けしますこのマフラーは政府認証を得ています


この小さなパッケージに


すべての楽しさが!


¥129,800
(税抜)

 

ユーザーからチタンのマフラーが欲しいとの要望があった。なぜ、チタンが欲しいのだろう、名前の響きか? 色か?
チタンの価値って何だろう・・・・。鉄と比較して57%の比重

現在1.6kgのパワーボックスがチタンで作ることで理論上0.91kgになる。

1Kgを切るのか! 挑戦する価値あるな。

1台分わずか 930グラムで新発売!


 

2010年以降の Z1000 にも共通適合(車検対応)
音量:94db
重量:
930g
材質:チタン  (加速を良くするダブルパワーボックス構造採用)
政府認証取得

KAWASAKI 純正パニアケース との同時装着可能です!
MADE IN JAPAN

 

Ninja1000にチタンが登場!

Ninja1000にチタンが登場!

Ninja1000にチタンが登場!

Ninja1000にチタンが登場!

■カワサキバイクマガジン 2011.9月号にてご紹介いただきました!

SP忠男 Ninja1000
※画像をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます

■Ninja1000 パワーグラフ

SP忠男 Ninja1000 パワーグラフ
 

■雑誌・モーターサイクリスト様に紹介いただきました

SP忠男 Ninja1000 モーターサイクリスト様に紹介いただきました!

■忠さんの開発奮闘記! Ninja1000編

Ninja1000開発奮闘記 序章

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!
★なんだか、 Ninja 1000って、かっこいいよな★
忍者が、我が社へやってきた!某バイク雑誌『Kawasakiバイクマガジン』とコラボレートでマフラー開発を行なう事となった。
あれっ?某じゃないじゃん!
なんだか、Ninja 1000って、かっこいいよな。
なんて、つぶやいてたら、早速、番頭の大泉が『マフラー作ろう!』なんて、バイクを借りてきちゃったんだ。
どうだい、なかなかカッコいいだろ。こいつ!

Ninja1000開発奮闘記 其の壱

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!
★なんだか、 Ninja 1000って、かっこいいよな★

パワーボックスタイプの強みを最大にいかして、最もコンパクトで、最適な性能で、車検対応なマフラーを作ろうぜ!
ということで、今回まずはデザインから! どおよ! 

Ninja1000開発奮闘記 其の二

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!
★音を抑えることが出来るか!★
最高のデザインの追求から生まれたGPタイプのメガホンサイレンサー
さて、この小さな容量でどこまで音を抑えることが出来るか!楽しみだ!

Ninja1000開発奮闘記 其の三

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!
★この状態で100dBを大きく超える★
純正マフラーに大きな大きな消音ボックスがついているんで、サイレンサーなんてカッコだけでいいかと思ったんだけど、さすがにそれは無理!
いま、この状態で100dBを大きく超える。パワーボックス構造でどこまで音量を抑えることが出来るか?
そこが今後の開発に大きく影響を及ぼす。らしい。

Ninja1000開発奮闘記 其の四

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!
★内径を下げると性能も落ちる★
サブチャンバーを設ける事で音量を抑え、さらに出力特性を変えるパワーボックス構造。その効果は100dBを97dBまで抑える事が出来た。
しかし、ここからが大変。政府認証をクリアーするためにはあと5dB下げる必要がある。
多分、この大きさしかないサイレンサー本体でさらに音を抑えるためには、排気が通る部分の内径を下げるしかない。
だが、これを下げると性能も落ちる。どうする?

Ninja1000開発奮闘記 其の伍

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!
★左右のサイレンサーを連結?★

やっぱり、サブチャンバーにも限界があるんだな〜!このマフラーやめるか?この小ささで性能をアップして、音も規制値に抑える。
無理だろ!やめるか、時間の無駄だろ!

『だ、ダブルパワーボックス? 』
『サイレンサー内に膨張室を作る??』
『左右のサイレンサーを連結して音を打ち消し合わせる??』

ほ〜んとにそんな事できるのかよ?

Ninja1000開発奮闘記 其の六

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!
★一気にデザインを換えようぜ!★

い〜ね!すごいね!いきなり91dB。これなら行けるぞ!性能も全域上がった!
う〜ん、ちょっといいかな?ず〜っと気になってたんだけど、サイレンサーのデザインが重いよな!
DAEGには良いけど、Ninjaにはちょっとな。
音と性能に余裕ができたんだから、一気にデザインを換えようぜ!もっと小さく。もっと軽く。

Ninja1000開発奮闘記 其の七

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!

SP忠男 Ninja1000開発奮闘記!
★これぞパワーボックス。!★

これでどうだ!小さい、軽い、パワフル。
いい音すべてが詰まっている。これぞパワーボックス。あとは実走テストをして、細かく煮詰め認証試験を受けて、販売だ!
もう少しの辛抱だ!



その他にも開発中マフラーの奮闘記が満載!忠さんの開発奮闘記ブログはこちらです。




 
 



お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010
お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010

 

※ この製品は公道走行可能です。(適用車種への装着の場合に限ります。)
※ ご注文のタイミングによりバックオーダーとなる場合がございますので予めご了承下さい。
※ お急ぎのお客様は事前にお電話にて在庫状況をご確認頂ければより確実です。

購入はこちらから!
 

-'13 Ninja1000( ZXT00G / ZXT00H / ZRT00D )|PowerBox ソリッドチタン【930g】(販売終了しました)


拡大画像

-'13 Ninja1000( ZXT00G / ZXT00H / ZRT00D )|PowerBox ソリッドチタン【930g】(販売終了しました)
商品コード : NI1-PB-01

1万円以上お買い上げの場合送料無料!
販売価格【ウェブ価格】 :¥ (税込)
数量

商品についての問い合わせ



レビューお待ちしています!

SP忠男ではライダーの方へ『気持ちィー!』を届けるため、日々開発とテストを繰り返しています。
今後の開発・改善へ向けて、このマフラーに変えられた感想、使い心地を是非教えてください!

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。


 
その他のラインナップはこちら